『コウノドリ』ドラマあらすじ第1話を完全ネタバレ!

コウノドリ ドラマ あらすじ 1話
Pocket

俳優の綾野剛主演『コウノドリ』(TBS系)の続編が2017年10月から放送開始が決定!

今回は、前回の『コウノドリ』第1話のあらすじについて、詳しくお届けしていきます。

前回のドラマから松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、星野源、大森南朋など、豪華キャストが勢ぞろいしてる中、どんなストーリーが描かれていってたのでしょうか?

それでは早速、前回の『コウノドリ』第1話のあらすじについてご紹介していきます。

それでは、ご覧ください!


スポンサーリンク



ドラマ『コウノドリ』基本情報

コウノドリ ドラマ あらすじ 1話

出典:https://tod.tbs.co.jp/program/8986

  • タイトル:コウノドリ
  • 放送期間:2015年10月16日(金)スタート(初回15分拡大)
  • 放送時間:22:00~
  • 放送局:TBS
  • 原作:漫画『コウノドリ』鈴ノ木ユウ
  • プロデューサー:峠田 浩
  • 脚本:山本むつみ(ドラマ『ゲゲゲの女房』『八重の桜』など)
  • 演出:土井裕泰(ドラマ『GOOD LUCK!!』『ビューティフルライフ』、映画『いま、会いにゆきます』など)
    金子文紀(ドラマ『大奥』『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』など)

 

出演者

  • 鴻鳥サクラ(こうのとりさくら)役:綾野 剛
  • 下屋加江(しもやかえ)役:松岡茉優
  • 小松留美子(こまつるみこ)役:吉田 羊
  • 白川領(しらかわりょう)役:坂口健太郎
  • 四宮春樹(しのみやはるき)役:星野 源
  • 角田真弓(かどたまゆみ)役:清野菜名
  • 加瀬宏(かせひろし)役:平山祐介
  • 船越拓也(ふなこしたくや)役:豊本明長(東京03)
  • 大澤院長(おおさわ)役:浅野和之
  • 向井祥子(むかいさちこ)役:江口のりこ
  • 新井恵美(あらいめぐみ)役:山口紗弥加
  • 永井浩之(ながいひろゆき)役:小栗旬

>>綾野剛について詳しく知りたいならこちら!

 

【注目】鴻鳥サクラ(こうのとりさくら)役:綾野 剛

コウノドリ ドラマ あらすじ 1話

出典:https://twitter.com/antaeus_ayn/status/675487350227537920

産婦人科のチームリーダー。

生まれてすぐ、シングルマザーだった母を亡くし児童養護施設にあずけられる。

天才ピアニストでもあり、『BABY』という名前でライブ活動も行っている。

四宮春樹とは同期の仲。

 

綾野 剛 プロフィール

  • 生年月日:1982年1月26日(35歳)
  • 出生地:岐阜県
  • 身長:180cm
  • スリーサイズ:B88 W67 H83
  • 靴のサイズ:27,0cm(スポーツシューズは26,5cm)
  • 血液型:A型
  • 活動期間:2003年〜
  • 趣味:映画鑑賞・写真撮影・ギター
  • 特技:陸上競技(800m・中学県優勝、高校県準優勝)

>>ドラマ『コウノドリ』キャスト・相関図を詳しく見る

 

ドラマ『コウノドリ』第1話 視聴率はいくつ?

コウノドリ ドラマ あらすじ 1話

出典:http://yasumi-08.hatenablog.com/entry/2015/10/19/120000

ついにスタートしたTBS新ドラマの『コウノドリ』。

初回の視聴率はいったいどんな数字になったのでしょうか?

キャストも世代を考えた配役で期待は高まるばかりです。

綾野剛のドラマ主演というのもなかなか珍しく、しかも原作の主人公に似てますね。笑

高視聴率をたたきだす要素は十分にあります。

それでは、発表します!

2015年10月16日放送のドラマ『コウノドリ』第1話の視聴率は12.4%でした!


スポンサーリンク



ドラマ『コウノドリ』第1話 あらすじ・ネタバレ(2015年10月16日放送)

第1話『未受診妊婦の駆け込み出産』

前半をお届け!

コウノドリ ドラマ あらすじ 1話

出典:http://www.cdjournal.com/main/news/shimizu-fumika/68371

都内のとあるライブハウスでは、謎の天才ピアニストBABYがライブ演奏中。

客席は一杯なのに、開演10分でライブは終了してしまう。

実はBABYの正体は、ペルソナ総合医療センターの産科医・鴻鳥サクラ(綾野剛)。

そんなサクラを、救急車から妊婦の受け入れ要請の連絡が入ってとまどう新米産科医の下屋加江(松岡茉優)が電話で呼び出していたのだ。

受け入れ要請の妊婦は、産科検診を受けず、妊娠週数も不明の「未受診妊婦」だった。未受診妊婦はリスクが高すぎる。

出典:公式サイト

未受診妊婦は、本人が合併症を抱えていたり赤ちゃんが早産や仮死状態で生まれるなどのリスクがある。

万一、感染症などがあれば、医療スタッフにとっても他の患者にとっても、極めて危険な患者となる。

しかし「未受診なのは母親のせいで、お腹の赤ちゃんに罪はない」と、サクラは新生児科にも受け入れ体制を組むように要請。

新生児科のリーダー・今橋貴之(大森南朋)が、躊躇する白川領(坂口健太郎)らを抑え、受け入れを決める。

さらに、サクラは、未受診妊婦のフォローのために、メディカルソーシャルワーカーの向井祥子(江口のりこ)にも来てもらうように指示。

出典:公式サイト

搬送されてきた未受診妊婦の状態は、羊水がほとんど出ており赤ちゃんの足が出かかっていた。

逆子の臍帯脱出だ。

サクラは下屋の手を妊婦の中に入れ、赤ちゃんがそれ以上下がってこないように抑えておくよう言う。

サクラは「お母さん、へその緒が挟まっていて酸素が届かないので赤ちゃんは今非常に苦しい状態です。早く楽に呼吸ができるようにお腹を切ります。いいですか?」と言った。

妊婦はうなずいた。

サクラはストレッチャーを押し猛スピードでオペ室に向かう。

その間にも赤ちゃんは下がってくる。押し返せと言うサクラの言葉に下屋は「どうやって?!」と戸惑う。

そこへ、ベテラン助産師の小松留美子(吉田羊)も駆けつける。

──果たして緊急搬送されて来た未受診妊婦・夏希は無事に出産できるのか。

サクラと周産期医療のチームプレーで奇跡を起こすことができるのか──?

出典:公式サイト

留美子は、下屋に代わり赤ちゃんが下がらないよう押さえた。

オペ室に到着すると、感染症に備えて手袋は2枚重ねで、とサクラは下屋に指示をする。

そして、赤ちゃんは無事産まれた。

その赤ちゃんは女の子だった。

そして、心配されていた感染症などもないとわかったが3日は念のため様子を見、また少し小さめで産まれたため新生児科であずかることになる。

手術後目覚めた母親・夏希(清水富美加)は赤ちゃんと対面するが、赤ちゃんを一度見ただけで、喜ぶわけでもなく…。

実は夏希は親に虐待をされて育った。そして、妊娠が発覚したとき、赤ちゃんの父親である男は逃げた。

病室で休んでいると、メディカルソーシャルワーカーの向井が話をしにやってくる。

向井は、夏希がここ一ヶ月ネットカフェで暮らしていたこと、所持金はほぼないこと、仕事は日雇い派遣のアルバイトということを聞きだした。

しかし、夏希は赤ちゃんの父親や自分の家族のことを話そうとはしない。

手術後の医局で、留美子は改めてサクラや下屋と話す。

留美子はサクラが研修医のころお世話になった助産師で、ヘッドハンティングされたため明日からここペルソナ総合医療センターで働くことになっていたのだ。そして、その日サクラのライブを見に行っており、急にライブが中断されたことで事態を察したのだった。

3人が話しているとそこに四宮(星野源)がやってくる。四宮も研修医時代に留美子に世話になったのだ。

四宮は、夏希のことで他の患者を巻き込まないように、とサクラに言った。

四宮のつんけんした様子に、「四宮先生研修医のころ忘れちゃったのかね?腕がよくてさわやかで笑顔がかわいかったのに。変わっちゃったね」と言う。

また、この日別室では小早川夫婦も出産を控えていた。

しかし、次の日になってもまだ生まれない。

夏希の赤ちゃんは順調だった。

白川は「いくらお金がなくたって妊娠したら健診くらい受けますよね、普通。」と言う。

「その普通って実はものすごく恵まれてるんだよ。貧しいってのはお金がないだけじゃないからね。教育が受けられない情報が得られない家族や仲間の縁に恵まれない…その結果が駆け込み出産だ。」と今橋は言う。

その日、下屋は夏希の様子を見に行く。

初乳を赤ちゃんに飲ませてあげたいから母乳ケア始めましょう、と言うものの、夏希は何も言わず、下屋とは逆の方向を見ている。

赤ちゃんに会いに行きますか?と言うと「いい、行かない。痛くて無理」とだけ言った。

サクラは院長・大澤に呼ばれていた。

大澤はサクラがBABYとしてピアノをひいてることを知っていた。

「正体がキミだってことくれぐれもバレないようにね。医者が音楽にうつつを抜かして治療が間に合わなかったなんてウワサ流されたら経営に響いちゃう。君からピアノを奪えないことはわかってるよ。」と言った。

そこへ今橋がやってくる。大澤は昨日の夏希の駆け込み妊婦の件でクレームが来た、と怒る。

「とにかくトラブルは避けたいわけ。産科はトラブルさえ起こさなければ黒字になるんだから。」と大澤。

大澤はこの先病院を大きくしたいと考えていた。その考えを聞き、今橋は、スタッフもその分増やすよう言う。

その日。夏希が病室からいなくなった。

赤ちゃんはNICUにいて無事だ。

産み逃げ…。

「早いとこ警察に通報するんだな。赤ちゃんの置き去りは立派な犯罪だ。」と四宮は言った。

すると、サクラが「ちょっと探してくるよ。所持金もわずかだし、遠くには行ってないと思うから。」と言いだした。

「サクラ、余計なことすんなよ。行方不明者の捜索は産科医のしごとじゃない。」と四宮。

「だけど、母体を健康な状態で退院させるのは僕らの仕事だろ?」とサクラは言った。

サクラは小早川のことを下屋に頼んで病院を出ていった。小早川頼子(臼田あさみ)が陣痛室に入って20時間以上が経っていた。

夫の俊也(要潤)は、昨日急患を入れたからうちのお産が後回しにされてるだけなんじゃないのかと言う。

留美子が「ご主人、ちょっと落ち着こうか。早く生まれるのがいいお産ってわけじゃないの。赤ちゃんには都合があるの。産まれる準備ができないうちは陣痛がきても子宮口が開かないから。」と説明した。

そして、留美子は「赤ちゃんちょっと大きそうだね。万一に備えてうえの先生のしっぽつかんでおいたほうがいいね。」と下屋に言う。

一方、サクラは夏希を見つけた。

「あんたに関係ない。子供は生まれたんだからもうほおっておいてよ。お金あとでちゃんと送る。踏み倒すつもりないから。」と夏希。

「赤ちゃんどうするんですか。矢野さんの赤ちゃん、病院にいるんですよ。」とサクラ。

「…いらない。あたし、あの子いらない。」と夏希。

「病院に戻りましょう」とサクラが言うと「いやよ!あんたら医者の仕事は子供を産ませることでしょう。産まれたんだからもういいじゃん。あたしがどうなろうとあんたに関係ないでしょう。」とサクラは言う。


スポンサーリンク



後半をお届け!

コウノドリ ドラマ あらすじ 1話

出典:http://music-book.jp/video/news/news/96695

「お母さんと赤ちゃんを守るのが僕らの役目です。僕は誰ひとりもお産で死なせたくないから。」とサクラ。

すると、そのとき、夏希が倒れてしまう。

病院に連れ戻された夏希は向井と話をすることになる。

「逃げることなんてないのよ。わたしたち、赤ちゃんと矢野さんのこれからのこと、一緒に考えようとしているんだから。妊娠したの気づいてたでしょう。病院に行かなかったのはどうして?おかねがなかったから?だったら母子手帳を貰えば無料診察チケットはついてるし、出産費用を肩代わりしてくれる助産制度もあったのに…」と向井。

「そんなのまっとうに生きている人の話でしょ。」と夏希。

「手続きさえすれば誰でももらえる。」と向井。

「役所なんか行けるわけないじゃん。家ないし借金があるし居場所見つかると困る…親ともとっくに切れてるし。」と夏希。

「それはあなたの都合であって赤ちゃんが健診を受けない理由にはなりません。妊娠中は感染症や様々な合併症にかかりやすくなります。健診を受けずに出産した場合、赤ちゃんが死亡するリスクは通常の6倍以上です。それに未受診の妊婦をよろこんで受け入れる病院もありません。だからたらい回しを受けるんです。矢野さん、あなたがしたことはお腹の中の赤ちゃんを虐待したのと同じです。」とサクラ。

「なんでよ…なんでそこまで言われなきゃならないのよ。医者なんか金持ちに生まれてずっと恵まれた暮らししてんでしょう。あんたに何がわかる?あんたにわたしの何がわかるのよ!」と夏希。

「わかりません。でも目の前で産まれようとする命があれば、僕らは全力で助けます。産科も新生児科も麻酔科も…矢野さんだって…助けたかったはずです。救急車を呼んだのはお腹の中の赤ちゃんを助けたかったからですよね?」とサクラ。

「違う…ただ痛くて。」と夏希。

「でも矢野さんはちゃんとお母さんの顔してましたよ。初めて赤ちゃんに会ったあのとき。」とサクラ。

「矢野さん、うれしかったんですよね。赤ちゃんに会えて。」と下屋。

「わたしみたいな母親、いないほうがいい。父親、女作って家出てって、母さんいつもイライラしてた。あたしもいつか言っちゃうかもしれない。あんたなんか産まなければよかったって…。」と夏希。

「赤ちゃんのお父さんはどうしたの?」と向井。

夏希は彼氏のために風俗で働いていた。妊娠発覚したとき、彼氏は本当に自分の子かと疑った。

そして、俺は関係ないといなくなったのだ。

「どうしたらいいかわからないうちにお腹どんどん大きくなるし、わたしこのまま死んでもいいやって思ってた。お腹の子もわたしも。どうせいいことないもの。赤ちゃんがお腹蹴ったの。何度も何度も蹴ったの、生きたいんだ、この子は産まれたいんだ、って思って救急車呼んだけど、でも無理。あたし育てられないよ。こんな親いないほうがいいんだよ。こんな母親いたらあの子幸せになれない。」と夏希。

「まず、矢野さんの生活を立て直すことから始めましょうね。大丈夫。お手伝いできることはたくさんあるのよ。」と向井は言った。

一方、小早川は出産をしていた。

しかし、肩甲難産で赤ちゃんがつっかえて出ない。

赤ちゃんの心拍数が下がる中、下屋は帝王切開に切り替えると言いだすが留美子に止められる。

そこへ四宮がやってきて下屋に代わる。

頼子の体制を変え、肩を抜けやすくし、陣痛室に入ってから24時間後、赤ちゃんは無事産まれた。

その後…

サクラは夏希が新生児室をのぞいているのを見かけて声をかける。「中に入りませんか?」

「抱っこしたら離れられなくなるから。」と夏希。

硝子越しに「こころ…あの子の名前わたしがつけちゃだめかな。」と赤ちゃんを見て夏希は言う。

そこに小早川夫婦がやってきて自分たちの赤ちゃんを見ながら出産の話をする。

俊也が夏希の赤ちゃんを「かわいいですね」と言った。

小早川夫婦は新生児室の中に入っていく。

「かわいいって…こころ、あんたかわいいって…」と夏希は涙を流す。

「ごめんね…ごめん、こころ…ごめん」と夏希は泣き崩れた。

それを見ていた下屋は「矢野さんの赤ちゃんと小早川さんの赤ちゃん、今は並んで眠ってますけど、それぞれ全く違う人生を背負っていくんだろうなって…」と留美子に話した。

「そうね、お産の仕方も生まれてくる事情も一人一人みんな違うから。社会の縮図だからさお産の現場は。」と留美子は言う。

そこへ四宮がやってくる。

下村は小早川の出産でテンパってしまったことを謝った。

「肩甲難産、予測できないから起きたときに迅速に対応するしかない。それには技術がいる。研修医のお前にそんな技術はない。今回お前が役に立ったのは事前に俺につないでおいたことだけだ。」と四宮は言った。

「凹むなー。自分が未熟だっていうのはよくわかってるんですけど。」と下屋。

「でもね、患者さんからしたら下屋先生だって産科医なんだよ。好奇研修医だからってそんな不安そうな顔してちゃダメ、だからスマイル。」留美子はそう言って下屋のほっぺたを上に引き上げた。

「どんだけ経験をつんでもやっぱりお産って難しいよ。今日は無事に生まれて本当によかった。」と留美子。

「はい」と下屋。

そのころ、今橋は屋上で家に電話をしていた。その日は娘のあやかの誕生日だったが、家に帰れそうにないと…。

それから数日後。

夏希は退院した。

夏希は女性の自立を支援する団体のサポートを受けて体調を整えながら仕事を探すこととなった。

「矢野さん!いつか、こころちゃんを…」と下屋が言うと夏希は深々とお辞儀をしけわしい顔で去っていく。

こころは施設に引き取られることが決まった。

「いつか一緒に暮らせるといいね…」と今橋。

「もっと早く手を差し伸べることができるといいですが、駆け込み出産なんか起きないように。」とサクラ。

「医者ができることには限りがある。僕らは崖っぷちから転がり落ちそうな親子をここで受け止めよう。」と今橋。

「こころちゃん。君には今から人よりたくさん辛いことがあるかもしれないね。けどね、いつか、人の何倍も何十倍も幸せになることだってできるんだ。負けるなよ。産まれてきておめでとう」とサクラは言った。

サクラ自身も施設で育ち、たくさん辛いことを経験しながら育ったのだ。

その過程で、小さいころからピアノに感情を託すこととなったのだった。

…すべての命が望まれて生まれてくるとは限らない。人生は平等じゃないから。恵まれない環境で産まれてくる命もある。

それでも、僕たちは祈っている。

生まれてくる全ての赤ちゃんに祝福がありますように。

ようこそこの世界へ。

産まれてきて、おめでとう。…

夜とある病室で…四宮は絵本を患者に読み聞かせていた。

胸にたくさんのチューブが繋がった女の子に。そして「またあしたくるかね」と病室を出て行く…

ある日。

交通事故に妊婦が巻き込まれ、ペルソナに運ばれてくることとなる…

>>ドラマ『コウノドリ』の次のあらすじを読む

 

『コウノドリ』視聴者の期待・感想・評価は?

 

まとめ

前回の『コウノドリ』第1話のあらすじについてお届けしていきましたが、いかがでしたか?

第2話・第3話と全話本サイトであらすじをご紹介していますので、是非読んでみて下さいね。

それでは皆さん、『コウノドリ2』続編を見逃さずに、毎週視聴しましょうね。

また、本ページの情報はH30年2月時点のものになりますので、ドラマ視聴をしたい方は最新の配信状況を動画配信サイトにてご確認して下さい!
スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コウノドリ ドラマ あらすじ 3話

『コウノドリ』ドラマあらすじ第3話を完全ネタバレ!

『コウノドリ』ドラマあらすじ第5話を完全ネタバレ!

コウノドリ 続編 2017 ネタバレ あらすじ 1話

『コウノドリ2017』ネタバレ・あらすじ第1話!初回から超泣ける!

『コウノドリ』ドラマあらすじ第9話を完全ネタバレ!

コウノドリ ドラマ あらすじ 7話

『コウノドリ』ドラマあらすじ第7話を完全ネタバレ!

コウノドリ 2017 ネタバレ あらすじ 3話

『コウノドリ2017』ネタバレ・あらすじ3話!サクラのトラウマとは?