『コウノドリ』ドラマあらすじ第4話を完全ネタバレ!

コウノドリ ドラマ あらすじ 4話
Pocket

綾野剛・松岡茉優・吉田 羊・星野 源など豪華キャストが立ち並ぶTBSドラマ『コウノドリ』。

今回は、前回の『コウノドリ』第4話のあらすじ(ネタバレ)について、詳しくお届けしていきます。

前回の作品では毎回毎回感動の嵐・命の大切さを改めて教えてくれたドラマ『コウノドリ』が2年ぶりについに帰ってきますよ。

それでは早速、前回の『コウノドリ』第4話のあらすじ(ネタバレ)についてご紹介していきます。

それでは、ご覧ください!


スポンサーリンク



ドラマ『コウノドリ』基本情報

コウノドリ ドラマ あらすじ 4話

出典:http://xn--p8j2bhdbq15a.com/dramamovie/13372/

  • タイトル:コウノドリ
  • 放送期間:2015年10月16日(金)スタート(初回15分拡大)
  • 放送時間:22:00~
  • 放送局:TBS
  • 原作:漫画『コウノドリ』鈴ノ木ユウ
  • プロデューサー:峠田 浩
  • 脚本:山本むつみ(ドラマ『ゲゲゲの女房』『八重の桜』など)
  • 演出:土井裕泰(ドラマ『GOOD LUCK!!』『ビューティフルライフ』、映画『いま、会いにゆきます』など)
    金子文紀(ドラマ『大奥』『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』など)

 

出演者

  • 鴻鳥サクラ(こうのとりさくら)役:綾野 剛
  • 下屋加江(しもやかえ)役:松岡茉優
  • 小松留美子(こまつるみこ)役:吉田 羊
  • 白川領(しらかわりょう)役:坂口健太郎
  • 四宮春樹(しのみやはるき)役:星野 源
  • 角田真弓(かどたまゆみ)役:清野菜名
  • 加瀬宏(かせひろし)役:平山祐介
  • 船越拓也(ふなこしたくや)役:豊本明長(東京03)
  • 大澤院長(おおさわ)役:浅野和之
  • 向井祥子(むかいさちこ)役:江口のりこ
  • 新井恵美(あらいめぐみ)役:山口紗弥加
  • 永井浩之(ながいひろゆき)役:小栗旬

>>坂口健太郎について詳しく知りたいならこちら!

 

【注目】白川領(しらかわりょう)役:坂口健太郎

コウノドリ ドラマ あらすじ 4話

出典:http://quiizu.com/archives/30503

新生児科医で、下屋加江の同期。

新生児科という過酷な現場で働く。

生意気だが、愛されキャラでもある。

 

坂口健太郎 プロフィール

  • 名前:坂口健太郎(さかぐち けんたろう)
  • 生年月日:1991年7月11日
  • 年齢:23歳
  • 身長:184cm
  • 出身:東京都
  • 職業:モデル・俳優
  • 所属事務所:トライストーン・エンターテイメント
  • 出身高校:明星高等学校
  • 出身中学校:明星中学校

>>ドラマ『コウノドリ』キャスト・相関図を詳しく見る

 

ドラマ『コウノドリ』第4話 視聴率巻き返しなるか?

コウノドリ ドラマ あらすじ 4話

出典:https://www.youtube.com/watch?v=0EeGRYr_irE

前回まさかの視聴率10%を切り、危機的状況になってしまったドラマ「コウノドリ」。

ここからの視聴率復活は期待できるのか?

おおよそが第1話完結型なのですが、そろそろ星野源がジワジワくる頃合いだとも思いますので、ここは第4話の視聴率に期待してみましょう!

では発表します!

11月6日放送「コウノドリ」第4話の視聴率は9.4でした!!!


スポンサーリンク



ドラマ『コウノドリ』第4話 あらすじ・ネタバレ(2015年11月6日放送)

第4話『四宮の過去が明らかに遙香のピアノ』

前半をお届け!

コウノドリ ドラマ あらすじ 4話

出典:http://709397.blog.so-net.ne.jp/2015-10-31

妊娠21週1日の妊婦・田中陽子(河井青葉)が、夫の淳(和田正人)に抱きかかえられるようにしてやって来た。

異変を感じて病院へ来る途中に破水してしまい、流産しかかっている危険な状態だ。

前日の健診でお腹の張りを訴える陽子に、担当医の下屋加江(松岡茉優)は問題ないと帰したばかり。

どういうことかと詰め寄る陽子に、下屋は言葉が出ない。

鴻鳥サクラ(綾野剛)が切迫流産は予測が難しいこと、そして赤ちゃんがとても危険な状況なことを説明すると、そのあまりの厳しい状況に夫婦は呆然とする。

出典:公式サイト

「お腹の中にいる時間が一日でも長いほど赤ちゃんが助かる可能性が高くなります。破水していることを考えるとこのまま臨月までもたせるのは難しいです。

最初の目標は24週です。そこまでもちこたえて赤ちゃんの体重が500gまで行けば元気に育つ可能性は50%以上になります。

妊娠の継続を希望する場合は今からすぐ入院して、ベッドで安静状態を保っていただけます。

安静にして24時間までもちこたえ、出産にこぎ着けたとしても、赤ちゃんは重い障害がある可能性があります。脳性麻痺や肺の病気、視力障害など考えられます。

それに安静というのは歩行禁止、食事もトイレも全てベッドの上です。さらに感染症や陣痛を防ぐ薬を24時間点滴しますがこれは吐き気やだるさなど副作用を伴います。

今お話ししたことを踏まえたうえで妊娠を継続するか赤ちゃんをあきらめるか…」

そんなふたりに、サクラはある過酷な選択を委ねる。

出典:公式サイト

淳は「助けてくれよ…結婚して10年やっとできた子供だぞ…」と言う。

「お気持ちはわかりますが約束はできません。妊娠の継続を望まない場合、人口流産が法律で認められるのは21週6日までです。

今日か明日までに決めていただきたいんです。決められるのはお2人だけです。

田中さん、僕たち医者はご家族の未来を背負うことはできません。でもお二人の決断に対して全力でサポートします。」とサクラは言った。

その説明を聞いた陽子は「なんで…助からないかもしれないなんて…生まれても障害がのこるなんてかわいそうだよ…この子かわいそうだよ…」と取り乱す。

淳は、「かわいそうなんて言うな。母親にかわいそうなんて言われたらよ。腹ん中で必死にがんばってる赤ん坊がやってらんなんないだろ。俺は逃げねぇぞ。こいつの親だからな。時間がなくたって難しかったって、真剣に悩んで考えて俺たちで決めてやらなきゃよ。この子のこと考えてやれるのは俺とお前しかいねぇじゃないかよ。障害のある子が、その親がどんなに大変か俺には想像つかないし、正直怖いよ。でもよやっぱり生まれてきてほしい。お前に辛い思いさせるかもしれないけど、この子にできることはなんだって全部してやりてぇよ。」と言った。

一方、患者への説明ができなかった下屋は、苦しい決断を迫る役までサクラにさせてしまったと、医師としての自分の不甲斐なさに落ち込んでいた。

出典:公式サイト

田中のカルテを見直す下屋…。

四宮は「下屋は自分にミスがなかったことを確認したいのか。切迫流産はベテランの意志や助産師でもなかなか予測することができない。もし、仮に。お前が流産の兆しに気付けなかったからだとしても、今やるべきは自分の失敗を確認することじゃないはずだけど」と言った。

田中夫妻は、「俺たち、腹の子のためにできることはなんだってします。だから、助けてください、陽子と赤ん坊を。」と決断をサクラに告げた。

「わかりました。全力でがんばります」とサクラは言った。

さらに、新任の新生児科医・新井恵美(山口紗弥加)からは、産科と新生児科の合同カンファレンス中に厳しく反論され、下屋は産婦人科医として壁にぶつかってしまう。

出典:公式サイト

また、四宮も、田中夫妻の覚悟が確かなのか、肺や脳に後遺症が出る可能性が高い生まれてくる子供…その現実をどれだけしっかり把握できているかひっかかる、と言う。

今は子供を助けたいと思っても生まれた後にやっぱり受け入れられないとなったらそのほうが悲劇だ、と四宮。

決めるのは家族、僕らはその決断に対して全力でサポートするしかない、とサクラ。

実際NICUには面会に来なくなる親がいるのも事実だ、と今橋。

ーー過酷な決断を迫られた田中夫妻が出した決断とは・

そして、産婦人科医としての在り方を問われた下屋は壁を越えられるのか?

引用:TBS

陽子は妊娠22週0日目を迎える。

1日がこんなに長く感じるのは初めてだ、赤ちゃん流れちゃったらどうしよう、助かっても後遺症が重かったらどうなるんだろうって同じことばっかり考えてしまう、順調だって信じてた、担当が女医さんでよかった安心だって思ってた…

陽子は「あたし本当に赤ちゃん産めるのかな」とつぶやく。

「産めるに決まってんだろ。」と淳は陽子に言う。

寝たきりでじっとしているとエコノミー症候群になるから、と淳は陽子の体をマッサージしてやる。

そんなことをしてると、陽子の病室にお見舞いにやってきた人たちが。

それは陽子の両親だった。淳が陽子の両親に知らせたのだ。

陽子が両親に会うのは結婚以来だった。

陽子は両親が来てくれたことで気持ちも前向きになった。

しかし、下屋はこのまま24週までもちこたえてくれればと思うあまり、暗い顔をしていた。

そんな下屋にサクラは10円ハゲができていると嘘をつく。下屋は思わず笑った。

「そうそれ、スマイル」と留美子(吉田羊)。「医者が暗い顔していても患者はよくならないよ」とサクラ。

23週3日。

サクラはピアノのコンサートをする予定でライブハウスの楽屋にいた。今日も満席。

あと10分で始まるというそのとき、サクラの電話が鳴った。

陽子の陣痛が始まってしまい、胎児の心音も落ちてきていると下屋は言う。

「緊急の帝王切開になります。急いで戻ってきてください」と下屋。

「それは下屋の判断?」とサクラ。

「今すぐカイザーしないと赤ちゃん助かりません。」と下屋。

「まだカイザーはできないよ」とサクラ。

「何言ってるんですか。今下から分娩したら赤ちゃん死んじゃいますよ。」と下屋。

「下屋は赤ちゃんのことだけしか考えてないようだけど、今第一に優先すべきなのは母体の安全だろ。23週では子宮もまだ小さい。この時期の帝王切開は母体にかかる負担が大きい。下屋は今できることは、超早産で生まれる赤ちゃんのリスクと母体にメスを入れるリスクを正確に伝えて、もう一度、夫婦で決断してもらうことだよ。それでも二人が赤ちゃんを助けたいと強く望んだどきに、僕らは初めて母体にメスを入れられるんだよ。」とサクラは言った。

下屋は、田中夫妻のところへ行き、「分娩は回避できなくなりました。」と言う。

淳は24週未満でどうなるのかと聞く。

「このまま下から生まれてしまうと低酸素状態となって、最悪の場合、赤ちゃんは助かりません。

帝王切開はリスクを伴います。大量の出血、内臓の損傷、感染症の危険もあります。

安静にしていた陽子さんの場合肺血栓症が気がかりです。

もちろん、手はつくしますが。田中さんの場合、超早期の帝王切開になりますので、赤ちゃんを早く安全に出すために子宮は大きく縦に切ります。

そうすると次に妊娠したときに子宮破裂や胎盤の癒着の率が高くなります。こ

れだけのリスクを冒して手術しても、今この子が生存できる見込みは50パーセントくらいです。障害のない生存となるともっと低くなります。

母体の優先を原則とする産科医としては、帝王切開はすすめられません」

下屋は二人にそう説明した。

「先生は、下屋先生個人はどう思いますか?医者としてじゃなくて一人の人間として、先生どう思うんですか?」と陽子。

「わたしは…わたしは…両方助けたいです。赤ちゃんあきらめたくないです!」と下屋。

「わたしもです、赤ちゃんあきらめたくない。先生、切ってください。今日までこの子一生懸命がんばったんです。あたし、産みたい。生まれてきてほしい」と陽子。

「先生、俺たち決めたんです。この子のためにできることは、なんだってしてやるって。助けてください。陽子と腹の子を。」と淳。

「はい」と下屋は笑った。


スポンサーリンク



後半をお届け!

コウノドリ ドラマ あらすじ 4話

出典:http://shinmaipapa.hatenablog.com/entry/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%83%8E%E3%83%89%E3%83%AA%E7%AC%AC4%E8%A9%B1

陽子は緊急オペとなった。

そのころ、すでにサクラは病院に到着していた。

「ちゃんと伝えた?」とサクラ。「はい」と下屋。

「よし、助けるよ。お母さんも赤ちゃんも」とサクラ。

「はい」と下屋。

赤ちゃんは無事生まれた。陽子も無事だ。

とっても小さい男の子。

赤ちゃんはすぐにNICUへと運ばれていく。

陽子は赤ちゃんをちゃんと見ることができなかった。

「お母さん、おめでとうございます。かわいい男の子でしたよ。少し小さいので処置を急ぎました。だっこさせてあげられなくてすいません」とサクラ。

「無事なんですね」と陽子。

「はい」とサクラ。

「よかった」と陽子。

「しばらくはNICUでお世話することとなりますが、明日には会いにいけますよ」とサクラ。

淳はNICUの前で心配そうに見ていた。

「うちの子、あんなにちっちゃくて、本当に大丈夫でしょうか?」と淳。

「それはまだわかりません。でも、赤ちゃんの生命力は未知数です。僕らがもう助からないかもしれないと思っていた赤ちゃんが何の問題もなくNICUを卒業することもあるんです。だから、ここで働く医者や看護師はみんな赤ちゃんの生きる力を信じて、全力でサポートしています。信じてあげてください。赤ちゃんの生きる力を。」とサクラ。

淳は赤ちゃんの説明を受けた。

出生体重は452g。何らかの障害が残ることを覚悟しておく必要があると今橋は言った。

まずは最初の1週間が山。その間に肺や腸が破れてしまうこともある、一週間越えても、赤ちゃんの状態はよくなったり悪くなったりの繰り返し。

「俺にしてやれることはないですか」と淳。

「赤ちゃん触ってあげてください。お父さんに触ってもらったら赤ちゃんも安心しますよ。」と今橋。

保育器の扉を開けてもらい、淳は右手の人差し指でそっと赤ちゃんの手に触れる。

すると赤ちゃんは小さい手で淳の指を握った。

「父ちゃんだぞ。父ちゃんがついてるからな。」と淳。

その夜。

下屋は廊下で一人考えていた。

サクラは下屋を見つけて声をかける。

「田中さんの赤ちゃん元気だったよ。今夜は僕がお母さんの様子を見るから下屋は帰って休んだら?」と下屋。

「これでよかったんですか?オペを決めるとき、わたし田中さん夫婦に言いました。”赤ちゃんもお母さんも両方助けたいです”って。なのに、おめでとうって言えませんでした。田中さんの赤ちゃんを手のひらに乗せたとき、わたし怖くなったんです。こんなに小さくて軽くて本当に助かるのかなって。あたしは、判断を間違えたんじゃないかって。」と下屋。

「出産は結果だから、母子ともに無事ならそれで問題はない。でも、もしうまくいかなかったときはたとえ産科医の判断に何一つミスがなかったとしても、患者との信頼関係なんてすぐに壊れてしまうよ。下屋の判断が正しかったかどうか、僕にもわからない。答えはどこにもないからね。それなのに僕らはいつだって正解のない過酷な決断を患者にせまってるんだ。なぁ下屋、だからこそ、正しい情報を伝えて、真剣に患者に向き合わなきゃいけない。そして、患者が決断をくだしたとき、僕らがその答えに対して、ベストを尽くすんだよ。」とサクラ。

「コウノトリ先生は怖くないんですか?自分の判断が間違ってたんじゃないかって迷うことはないんですか?」と下屋。

「迷うよ、人間だからね。これでよかったのか他に方法はなかったかミスはなかったか。いつだって迷ってるさ。でも、もしそれを怖いと思うなら産科医を辞めて逃げ出すか、次につなげるしかないんだよ。」とサクラは言った。

次の日。

淳は陽子をNICUにつれていく。

「いいか、絶対泣くなよ。小さいとかチューブがつきまくりでかわいそうだとか。うちの子はよ、精一杯がんばってんだから」と淳。

NICUに入り、保育器の中をのぞき込む陽子。

陽子はじっと赤ちゃんを見ていた。

「本当にちっちゃいね。」と陽子。

今橋が保育器の扉を開ける。「触れてあげてください。お母さんのことをずっと待ってたんですよ」

陽子は手を入れる。すると赤ちゃんは声を上げた。本当に待ってたと言うように…。

そして、陽子の指を赤ちゃんは掴んだ。

「あったかい…。」と陽子。

「田中大地、この子の名前、大地はどうだ?ちっちゃく生まれた分、2人ででっかく育ててやろうぜ」と淳。

陽子は泣き始めた。

「あたし悲しいんじゃないからね。うれしくて泣いてるんだからね。」と陽子。

そして、「下屋先生、ありがとう。わたしこの子を産んでよかったです」と陽子は言った。

下屋はその言葉に深々と頭を下げた。

その様子を、四宮は廊下から見ていた。

そして、その夜。

四宮はつぼみの病室で、「先生、もっといい医者だったら…。ごめんな」とつぼみに話した…。

留美子はサクラを連れて楽器屋へ。

サクラにピアノを弾かそうという魂胆だ。

研修医時代のサクラは自信がなさそうで頼りなかった。

そんなサクラを留美子は近くのバーに連れて行き、よくピアノを弾かせたのだった。

でもそれは、ピアノを弾いているサクラは一番いきいきしていていたからだ。

留美子は情けなかったサクラを「患者さんに不安そうな顔するんじゃない。」「何があっても経験したことから逃げるんじゃない」とよく叱ったのだ。

「おかげ様でごうにかこうにか僕も医者らしくなりましたかね」とサクラ。

「そうねー。だから早く弾いてよ、お礼にさ」と留美子。

サクラはピアノを弾き始めた。

そのころ…

下屋は田中夫妻の赤ちゃんを見ていた。

白川に「最初の1週間まず乗り越えないとね」と言う。「こっからが俺ら新生児科のふんばりどころ。」と白川。

「大地くん、がんばろうね」と下屋は笑顔で声をかけた。

田中さん夫婦の選んだ道は正しかったのか、それは誰にもわからない。

小さな命と向き合うとき親が下す決断に模範解答などないのだから。

後日。

サクラに中学3年生を対象に性教育をしてくれとの依頼が入る。

今はネットで間違った情報があふれている。

本当に大切なのは命の問題。現場で命と向き合っている産科の先生に授業をしてほしいとのことだった。

そんなとき…とある中学校でバスケットをしていた女子中学生が急に倒れた…

>>ドラマ『コウノドリ』の次のあらすじを読む

 

『コウノドリ』視聴者の期待・感想・評価は?

 

まとめ

前回の『コウノドリ』第4話のあらすじについてお届けしていきましたが、いかがでしたか?

第5話・第6話と全話本サイトであらすじをご紹介していますので、是非読んでみて下さいね。

それでは皆さん、『コウノドリ2』続編が2017年10月再スタートを切りますので、是非見逃さないようにしましょう!

また、本ページの情報はH30年2月時点のものになりますので、ドラマ視聴をしたい方は最新の配信状況を動画配信サイトにてご確認して下さい!
スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『コウノドリ』ドラマあらすじ第8話を完全ネタバレ!

コウノドリ 2017 ネタバレ あらすじ 2話

『コウノドリ2017』ネタバレ・あらすじ2話!見逃し配信情報も!

『コウノドリ』ドラマあらすじ第2話を完全ネタバレ!

コウノドリ ドラマ あらすじ 6話

『コウノドリ』ドラマあらすじ第6話を完全ネタバレ!

コウノドリ 2017 ネタバレ あらすじ 3話

『コウノドリ2017』ネタバレ・あらすじ3話!サクラのトラウマとは?

コウノドリ ドラマ あらすじ 1話

『コウノドリ』ドラマあらすじ第1話を完全ネタバレ!