『コウノドリ』ドラマあらすじ第9話を完全ネタバレ!

Pocket

俳優の綾野剛が産婦人科医を好演し、2015年に主演したTBS系のドラマ『コウノドリ』の続編が、10月スタートの連続ドラマとして放送されることが22日、分かりました。

今回は、前作の『コウノドリ』第9話のあらすじ(ネタバレ)について、詳しくお届けしていきます。

第9話はコミック第6巻TRACK 20口唇口蓋裂 の中で描かれていた四宮春樹(星野源さん)のエピソードで始まります。

それでは早速、前作の『コウノドリ』第9話のあらすじ(ネタバレ)についてご紹介していきます。

それでは、お楽しみ下さい!


スポンサーリンク



ドラマ『コウノドリ』基本情報

コウノドリ ドラマ あらすじ 9話

出典:http://www.tvguide.or.jp/column/chokusou-drama/20151205/02.html

  • タイトル:コウノドリ
  • 放送期間:2015年10月16日(金)スタート(初回15分拡大)
  • 放送時間:22:00~
  • 放送局:TBS
  • 原作:漫画『コウノドリ』鈴ノ木ユウ
  • プロデューサー:峠田 浩
  • 脚本:山本むつみ(ドラマ『ゲゲゲの女房』『八重の桜』など)
  • 演出:土井裕泰(ドラマ『GOOD LUCK!!』『ビューティフルライフ』、映画『いま、会いにゆきます』など)
  • 金子文紀(ドラマ『大奥』『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』など)

 

出演者

  • 鴻鳥サクラ(こうのとりさくら)役:綾野 剛
  • 下屋加江(しもやかえ)役:松岡茉優
  • 小松留美子(こまつるみこ)役:吉田 羊
  • 白川領(しらかわりょう)役:坂口健太郎
  • 四宮春樹(しのみやはるき)役:星野 源
  • 角田真弓(かどたまゆみ)役:清野菜名
  • 加瀬宏(かせひろし)役:平山祐介
  • 船越拓也(ふなこしたくや)役:豊本明長(東京03)
  • 大澤院長(おおさわ)役:浅野和之
  • 向井祥子(むかいさちこ)役:江口のりこ
  • 新井恵美(あらいめぐみ)役:山口紗弥加
  • 永井浩之(ながいひろゆき)役:小栗旬

 

【注目】大澤院長(おおさわ)役:浅野和之

コウノドリ ドラマ あらすじ 9話

出典:http://twisoku.ldblog.jp/archives/47034549.html

聖ペルソナ総合医療センターの院長を務める。

小松留美子と共に、鴻鳥サクラがBABYであることを知る存在。

原作では「くみたん」という名前の愛人が・・・

 

浅野和之 プロフィール

  • 名前:浅野和之(あさの・かずゆき)
  • 本名:加藤斎孝(かとう・なりたか)
  • 出身地:東京都
  • 誕生日:1954年2月2日
  • 年齢:63歳(執筆時)
  • 身長:175センチ
  • 血液型:A型
  • 学歴:桐朋学園大学短期大学部演劇専攻
  • 所属:シス・カンパニー

>>ドラマ『コウノドリ』キャスト・相関図を詳しく見る

 

ドラマ『コウノドリ』第9話 視聴率は上昇気流に乗れるのか?

コウノドリ ドラマ あらすじ 9話

出典:http://mamano.me/articles/98DOC

12月11日(金)に放送された綾野剛主演のTBS系連続ドラマ『コウノドリ』。

まずは、コウノドリのいままでの視聴率を見ていきましょう!

  • 第1話『未受診妊婦の駆け込み出産』 12.4%
  • 第2話『自分の命より大切なもの』 12.0%
  • 第3話『四宮の過去が明らかに遙香のピアノ』 8.9%
  • 第4話『四宮の過去が明らかに遙香のピアノ』 9.4%
  • 第5話『中学生14歳の妊娠出産特別養子縁組』 11.8%
  • 第6話『不妊治療はゴールではなくスタート』 11.2%
  • 第7話『帝王切開は出産助産師と産科医』 11.7%
  • 第8話『口唇口蓋裂・死産を乗り越えての出産』 12.6%

 

いままでの平均視聴率は11.29%であり、今秋のドラマとしては悪くない数字を出すことができていますね。

とくに注目したいのが、コウノドリ第5話から視聴率が徐々に回復していっている点です。

なにが理由なのかはわかりませんが、コウノドリというドラマに対して期待してくれているファンがどんどん増えているということは最終回の視聴率もかなり期待できるのではないでしょうか。

それでは、発表がありましたので、お伝え致します。

第9話の視聴率は11.8%でした。

第8話に比べて、少し落ちてしまいましたが、最終回は15%超えに期待しましょう!


スポンサーリンク



ドラマ『コウノドリ』第9話 あらすじ・ネタバレ(2015年12月11日放送)

第9話『頑張れ!助からない陽介の命!』

前半をお届け!

コウノドリ ドラマ あらすじ 9話

出典:https://antenna.jp/articles/2324353

6年前、四宮春樹(星野源)の患者が出産時に亡くなった。

母親を助けられず家族を不幸にしてしまった自分を責め続けていた四宮は、そのとき生まれたつぼみちゃんの病室を毎日訪れ見守ってきた。

そんな中、四宮がカイザーの手術中に、つぼみちゃんの容体が急変したという報せが入る…。

鴻鳥サクラ(綾野剛)をはじめ同僚たちもつぼみの病室に急いで向かう…。

出典:公式サイト

手術を終えた四宮が駆けつけたときには既につぼみちゃんは亡くなっていた。

つぼみは心停止を起こしてからすぐに、とてもおだやかに息をひきとった。

その知らせを受けてやってきたつぼみの父親は、つぼみの顔を見て、すぐに行ってしまった。

6年前に妻を亡くしたときは四宮につかみかかり泣き崩れていたのに…。つぼみのことは6年間ほったらかしだった父親…。

四宮は気丈に振舞い、いつもと変わらぬ様子でいたが、小松は四宮のことを心配していた。

ある日、23週で切迫早産になった妊婦・小泉明子(酒井美紀)が救急搬送されて来る。

出典:公式サイト

西山亜希菜(岡本玲)はNICUにゆうたの様子を見にやってくる。

ゆうたは28週、570gで生まれたのだが、順調に育ち1600gを超えるほどにもなった。

一方でNICUにいるなおとの母親は全く面会に来なかった。

なおとは18番目の染色体が通常より1本多い18トリソミーの赤ちゃんで、心臓疾患をはじめとしたいくつかの先天性疾患を持って生まれたのだった。

その日、新生児科のベッドには空きがなく、23週の赤ちゃんのために予定より早いがゆうたに亜希菜の地元の病院へ移ってもらうよう頼むこととなる。

亜希菜は迷った挙句、譲ることを決意。

ゆうたが生まれたときも他のベイビーに譲ってもらって命をつないでもらったから今度は自分がつなぐ番だと亜希菜は言った。

産科と新生児科のチーム医療の協力で、小さな赤ちゃんが誕生するが、明子も夫の大介(吉沢悠)も、いくつもの管に繋がれた小さなわが子の姿に息をのむ。

出典:公式サイト

赤ちゃんは早く生まれたために肺の形成が十分ではなく、そのために人工呼吸で補助していた。

呼吸や循環が不安定なために脳がうっ血や虚血を起こしやすくこの先脳室内に出血する恐れもある。

出血が起こってしまった場合、ダメージによっては障がいが残ったり、命にかかわる場合もあり、その確率は低くはない。

新生児科医の新井恵美(山口紗弥加)からの説明で、赤ちゃんの状況とこれからのリスクの過酷な状況に、大介はなんで助けたのかと新井を責め立てるのだった。

出典:公式サイト

「わたしは赤ちゃんの生きる力を信じているので。」と新井は言う。

「信じる?そんなの治療じゃないじゃないですか」と大介は声を荒げた。

「小泉さん、わたしたちも最善を尽くします。お子さんの容態は細心の注意を払って見て生きますから」と今橋は言った。

その後、屋上で新井は加瀬と話す。

「加瀬先生は後悔したことないですか。もし、助けた患者さんに重い障がいが残ったりしたら。」と新井。

「しねえよ。後悔なんて。命を助けることだけ考えるそれが医者だろ?助かる可能性が1パーセントでもあれば俺は絶対に助けるね。新井先生だって同じだろ?」と加瀬。

「新生児科はそんなにシンプルじゃないから…でもありがとう。ちょっと元気出た」と新井。

一方。

大介は明子に「正直参ってる」と打ち明けた…。

そして、次の日。

「血圧も体温もしきゅうの戻りも問題ありませんよ」とサクラは回診でそう伝えた。

明子は「先生、わたし赤ちゃんに会いに行かないといけませんよね。怖いんです。かわいそうな姿見るのが。早く産んじゃったことを責められてるみたいで。酷い親ですよね。普通なら何があっても会いにいきますよね。」と言う。

「小泉さんは普通のお母さんです。それからお子さんも普通の赤ちゃんです。早く生まれてしまったのは誰のせいでもありません。お母さんが自分を責めることは少しもありませんよ。たくさんの管に繋がれているのは、かわいそうな姿ではなく、赤ちゃんが生きようと精一杯頑張ってる姿です。ご両親が近くで見守ってくれたら赤ちゃんも嬉しいはずですから。会いたくなったらいつでも会いに行ってくださいね。」とサクラは話した。

明子は、大介に、赤ちゃんの名前を陽介にしようと提案した。

「いつか3人でひだまりの中を歩けたらいいな」と明子。

しかし、大介は「名前つけたらもしものときに返って辛くなるんじゃないか」と言うのだった。

それでも新井は献身的に赤ちゃんの看病を続け、保育器から離れない一途な姿に、新生児科の部長・今橋貴之(大森南朋)は一人で抱え込みすぎだと心配する…。

出典:公式サイト

23週のベビーは触るだけでもストレスになるから血圧や脈拍の変かを慎重に見ながら点滴の量や呼吸器の設定を替えなければならない。

わずかな判断の遅れが命を左右してしまうのだ。

一方、不妊治療の甲斐あって妊娠した相沢美雪(西田尚美)は出生前診断をするか迷っていることをサクラに打ち明ける。

妊娠できたことは嬉しいが、38歳という年齢での出産に、生まれてくる赤ちゃんに異常がないか気になっているという…。

出典:公式サイト

サクラはこの病院では羊水の検査と血液の検査が受けられる、と出生前診断の説明をする。

美雪は「不妊治療あんなに頑張ってやっと授かったっていうのに今さら何悩んでるのかって思いますよね。でも毎日いろんな情報を見てると受けたほうがいいのかなって…」と話す。

「みなさん悩みますよ。受ける人も受けない人も。悩むことを後ろめたく思う必要はありません、それだけしっかりと赤ちゃんのことを考えているということですから。もし、染色体の異常があったとしても早く解れば合併症の治療に役立てることもできるし受け入れる準備を整えられるメリットもあります。でもその一方でいろいろわかってしまうことがかえって悩みを深くしてしまうこともあるようです。ですからまず、ご夫婦でよく話し合ってください。出生前診断を受ける場合は必ず夫婦そろってカウンセリングを受けてくださいね。」とサクラは言った。

突然訪れた厳しい現実に打ちのめされる家族。

そして、その姿を前に苦悩する医師たちは、試練を乗り越えることができるのか─?

出典:公式サイト

一方。永井浩之(小栗旬)は大事な商談の席で保育園から「芽依ちゃんが熱をだしたからすぐにお迎えに来てください」と連絡が入る。

商談の後急いで保育園へ向かう浩之に上司は別の人を中心にこの仕事をすすめていくと言った。

子守りしながらじゃ満足に戦えん、と…。

また、明子は一人NICUへ。

血圧がだいぶ落ち着いてきたと新井は話した。

明子は「わたしこの子の泣き声、聞けるでしょうか」と言う。

「わたしはそう信じています」と新井。

「がんばれ、陽介」と明子は言った。そして「生まれたとき先生ずっと声かけてくれてましたね。がんばれ、がんばれって。…がんばれ陽介。」と明子。

その夜、今橋は、自分達が見るから新井は家に帰るよう言う。

新井は「大丈夫です」と言うが「ベビーが大丈夫じゃないんだよ。僕らは神様でもスーパーマンでもない。肉体的な疲れは判断を鈍らせる。新井先生が出してるぴりぴりした緊張感がベビーにも伝わってしまうよ。休みなさい、ベビーのために」と今橋。

新井はその言葉に「わかりました。宿直室で休んできます」と言った。

だが、新井は眠れないのだった。「助けたい、絶対…」とつぶやく。

また、四宮は、つぼみの病室へいつものように向かおうとし、はっと気づき引き返す。

>>ドラマ『コウノドリ』の次のあらすじを読む


スポンサーリンク



後半をお届け!

コウノドリ ドラマ あらすじ 9話

出典:https://tv.rakuten.co.jp/content/160759/

4日後…

明子の退院の日がやってきた。

陽介は72時間を超えてから安定してきており、このまま1週間を超えれば安心できる。

しかし、そんなとき陽介の容態がが急変する。

脳室内出血を起こしてグレード4、その原因は肺出血、腸管も壊死して敗れ、出血を起こしている。

サクラは明子と大介を呼ぶよう下屋に指示する。

新井は、「大丈夫。まだなんとかなる状態さえ落ち着いてくれたら手術に踏み切れる。大丈夫。大丈夫。」と言うのだった。

明子と大介に状況を説明。

今は輸血をして出血が治まるのを待っているところで、この段階では状態が不安定で手術に踏み切ることができないが陽介はがんばっている、状態が落ち着いたら動脈管を縛る手術ができるかもしれない…

明子は「助かるんですよね」と言う。

今橋は「陽介くんは本当によくがんばっています。わたしたちももちろん手を尽くします。しかし医療にも限界があります。もしものことがあるかもしれません。ですががんばっている陽介くんを見守っていてください。」と今橋。

陽介はその後、心拍も弱まり、数時間もつかどうかという状態となってしまう。

今橋は、明子に「陽介くんを抱っこしてみませんか」と言った。

新井は「今は保育器から出せません。輸血を続けましょう。出血が止まれば手術ができるかもしれません。陽介くんはまだ頑張れます」と言う。

「もう手術はできないよ」と今橋。

「でもわたしはまだあきらめたくありません」と新井。

「新井先生は陽介くんをお父さんとお母さんに一度も抱きしめてもらえなかった子にしたいんですか」と今橋。

陽介の心拍は20を切るまでになっていた。

「わかりました」と新井。

「保育器開けてもいいですか」と今橋は明子に言う。

「はい」と明子は答えた。

そして、明子は陽介を抱く。

「陽介、ママだよ。ごめんね。ごめんね。よく頑張ったね。ありがとね。陽介…大ちゃんによく似てる。ほら見て、目元がそっくり。」と明子は泣きながら話す。

大介は陽介の顔を覗き込んだ。

「陽介…陽介…よくがんばったね。」と大介も泣く。

「先生、管が苦しそうなので抜いてあげませんか」と明子。

今橋は「一緒に抜いてあげましょう」と管を抜いた。

「よくがんばったね」」と明子。

四宮はそんなNICUの様子を廊下から見ていた。

その後、四宮とサクラは屋上で話す。

「残念だったな、陽介くん…でもよかったよ。両親にだっこされて最後を迎えられて…つぼみちゃんはずっと一人だった。6年間ずっと。」と四宮。

「でも四宮は毎日会いに行ってた。」と四宮。

「あの父親にとってつぼみちゃんは辛い記憶を思い出させるだけの存在だったのかな。せめて名前を呼んでやってほしかった。お父さんも1度でいいから…つぼみよくがんばったなって褒めてやってほしかった。つぼみちゃん、治してあげたかった」と四宮は泣いたのだった。

ある日の夜。

新井は彼氏とデートをしていて、レストランでプロポーズを受けていたのだ。

だがそこで26週の双子のカイザーが入ったと連絡が。

新井は「わかった、すぐ戻ります」と言った。

彼氏は「返事は後でいいから」と新井を送り出す。

そうして、双子の赤ちゃんは生まれる。

新井はその赤ちゃんの処置をしようとするのだが、過呼吸を起こしてしまう。

手術後…新井は「ごめんなさい…ごめんなさい…ごめんなさい…」と繰り返した。

それから新井は1週間病院には来なかった。

「もうここには戻ってはこないのかな…あんなに優秀な新生児科医はなかなかいないよ」と院長。

「それでも沈みかけた船にもっと荷を積めとは言えませんから。今はゆっくりと休めてもらいたいです。体も心も。新井先生は大事な仲間ですから」と今橋。

新生児科の様子を見に来た下屋は白川に話す。

「前ねコウノトリ先生に言われたの。出産は結果だからって。それを怖いって言うなら、産科医辞めて逃げ出すか次につなげるしかないんだよって。わたし逃げたくなくてさ、次はもっとがんばろう、絶対いいお産にしようって思ってきたんだけど…新井先生が背負ってたものはわたしがまだわからないくらい、重いものだったんだなって…新井先生、戻ってきてくれるといいな」と…。

「大丈夫、鉄の女だから」と白川。

「そうだった」と二人は笑った。

また、休憩室では小松がサクラと話していた。

「実はさ、心配してたんだ、四宮先生のことも。つぼみちゃん亡くなって燃え尽きちゃうんじゃないかって。でもしのりんにはさ、弱音を吐ける相手がちゃんとそばにいるんだね」と小松。

「新井先生は婚約者さんがちゃんと支えてくれると思います」とサクラ。

触れるだけで壊れてしまいそうな小さな小さな命を懸命に育てる。

その仕事は繊細で過酷だ。

どれほど手を尽くしても助けられなかった赤ちゃんの死を受け止めなければならないこともある。

治らない患者と向き合い続けてその苦しさに押しつぶされそうになることもある。

だけど、逃げ出したくはない。

僕らの仕事はかけがえのない命をつないでいくことだから。

出典:公式サイト

そんなある日のピアノのコンサート後、サクラは1通の手紙を受け取る。

それは景子ママからの手紙だった。

その中には1本のテープと手紙が入っていた…

 

『コウノドリ』視聴者の期待・感想・評価は?


 

まとめ

新たな命の大切さを生み出す大変さを描くドラマ『コウノドリ』第9話のあらすじについてお届けしていきましたが、いかがでしたか?

本サイトでは、全話あらすじをご紹介していますので、是非読んでみて下さいね。

それでは皆さん、『コウノドリ2』続編を秋まで楽しみにしましょう!

また、本ページの情報はH30年2月時点のものになりますので、ドラマ視聴をしたい方は最新の配信状況を動画配信サイトにてご確認して下さい!
スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『コウノドリ』ドラマあらすじ第2話を完全ネタバレ!

コウノドリ ドラマ あらすじ 1話

『コウノドリ』ドラマあらすじ第1話を完全ネタバレ!

コウノドリ ドラマ あらすじ 最終回 10話

『コウノドリ』ドラマあらすじ最終回(第10話)を完全ネタバレ!

コウノドリ ドラマ あらすじ 4話

『コウノドリ』ドラマあらすじ第4話を完全ネタバレ!

コウノドリ 2017 ネタバレ あらすじ 2話

『コウノドリ2017』ネタバレ・あらすじ2話!見逃し配信情報も!

コウノドリ ドラマ あらすじ 6話

『コウノドリ』ドラマあらすじ第6話を完全ネタバレ!