『コウノドリ』漫画を詳しくネタバレ!

コウノドリ 漫画 ネタバレ
Pocket

2017年10月に続編が決定したドラマの原作漫画『コウノドリ』。

今回は、漫画『コウノドリ』について詳しくネタバレしていきます。

『コウノドリ』はドラマだけでなく、漫画も大感動ストーリーを繰り広げていますよ。

続編を観る前に是非とも読む事をお勧めしたいですね。

それでは早速、漫画『コウノドリ』について詳しくネタバレをお届けしていきます。

最後までしっかりご覧ください!


スポンサーリンク



漫画『コウノドリ』とは?

コウノドリ 漫画 ネタバレ
出典:amazon

原作者で漫画家の鈴ノ木ユウ氏が、自身の妻の出産に立ち会った経験から、

その担当医をモデルに漫画を描くことを思いついた作品です。

社会問題ともなっている産婦人科を取り巻く厳しい状況、

未受信妊婦や切迫流産、人工中絶などの医療現場の現実と

そこの携わる人々の奮闘を描く良質のヒューマン医療ドラマです。

男性誌「モーニング」で妊娠出産を扱う産婦人科を舞台とする異例の内容ながら、

コミックスは累計部数100万部を超える大ヒットとなっています。

 

漫画『コウノドリ』について

作者

コウノドリ 漫画 ネタバレ
出典:47News

鈴ノ木ユウ

  • 1973年、山梨県出身。中華料理屋の長男として生まれ。
  • 2007年『東京フォークマン/都会の月』が第52回ちばてつや賞準入選。
  • 2010年『エビチャーハン』が第57回ちばてつや賞入選と同時に本誌初掲載。
  • 2011年『おれ達のメロディ』を短期集中連載。
  • 『コウノドリ』は2012年8月の短期集中連載の時に大好評だったため、2013年春、週刊連載となる。

 

出版社/掲載誌/連載開始年

講談社/モーニング/2012年

コウノドリ 漫画 ネタバレ
出典:MANGA ZIP


スポンサーリンク



主要キャラクター

鴻鳥サクラ(こうのとりさくら)

コウノドリ 漫画 ネタバレ
出典:ORICON NEWS

産婦人科医。

ある時は心優しき産婦人科医であり、またある時は「ベイビー」という名を持つ謎多き天才ピアニストでもある。

産婦人科医としては冷静な判断力を持ち、ピアニストとしては感情のすべてをピアノにぶつける情熱を持つ。

児童養護施設で育った過去を持つ。

 

下屋カエ(しもやかえ)

産婦人科医。

まだまだ新米で頼りないが、女性ということで妊婦から指名されることが多い。

真面目で一生懸命だが、時として若さゆえに暴走することもしばしば。

鴻鳥を尊敬している。

 

小松ルミ子(こまつるみこ)

助産師。

鴻鳥が研修医の頃を知る人物で、彼が「ベイビー」であることを知る数少ない人物の一人でもある。

飄々としているが、仕事は的確にこなす。

 

四宮ハルキ(しのみやはるき)

産婦人科医。

鴻鳥の同期で、ライバルでもある。

かつては笑顔もよく見せる熱血派だったが、ある出産をきっかけに患者に対しても厳しいことを言う理論派へ変貌する。

 

あらすじ

産婦人科医とピアニストという二つの顔を持つ鴻鳥サクラ。

出産は病気ではない。だから通常の出産に保険はきかない。

産科医療は怪我や病気を治す訳ではない。

なので通常の出産に産科医は必要ない。

だが、何かが起こりうるから産科医は必要なのだ──。

年間約100万人の新しい命が誕生する現場の人間ドラマ。

可能な限り患者の希望を優先し、不測の事態が起こりうる産婦人科で

鴻鳥サクラは今日も奮闘する!


スポンサーリンク



漫画『コウノドリ』は実際の医療現場からも絶賛!

医療漫画というのは、これまでもよくありましたよね。

でも、その多くは主人公である医師や看護師が活躍する話です。

患者さんはあくまで脇役であることがほとんどではないでしょうか。

コウノドリは、産婦人科医の鴻鳥(こうのとり)サクラが主役ですが、

主人公である鴻鳥(こうのとり)サクラが大活躍するというのではありません。

患者さんの視点をしっかりと描き、

助産師や産婦人科と連携する小児科医にもスポットを当てて、

リアルな医療現場が伝わるように描かれています。

このような点が、実際の医師などの医療現場に従事する方々からも

高い評価を得ている理由のようです。

 

妊娠・出産関わる問題を網羅している

コウノドリでは実際に妊娠や出産に纏わるリアルな問題を取り上げられています。

  • 1巻 受け入れ拒否 切迫早産 淋病
  • 2巻 未成年妊娠 無脳症 被膜児 喫煙妊婦(前編)
  • 3巻 喫煙妊婦(後編) 海外出産 自然出産と帝王切開 救急救命(前編)
  • 4巻 救急救命(後編) 夫のDV 風疹
  • 5巻 立ち会い出産 双子 卵子提供
  • 6巻 子宮外妊娠 性感染症 口唇口蓋裂 乳児院
  • 7巻 NICU
  • 8巻 妊娠初期 マタニティブルー 出産から退院まで 研修医(前編)
  • 9巻 研修医(後編) インフルエンザ 出産予定日
  • 10巻  無痛分娩 長期入院〈前編〉
  • 11巻  長期入院〈後編〉 フルコース 未熟児網膜症

妊娠・出産を経験された方なら気になるキーワードばかりだと思います。

内容はとてもリアルであり、最後に患者の悩みが完全に解決されるいう程で進むのではなく、悩んで当然という程で進んでいきます。

詳細な描かれ方がされている為、患者さんの悩みを把握でき、疑似体験することができます。

 

漫画『コウノドリ』は男性こそ読むべし!

漫画「コウノドリ」は、妊娠・出産をテーマに、医療現場や各家庭の過酷な現実、心の葛藤などを描いた作品です。

もともと週刊モーニングという男性誌に連載されているので、男性が見てないわけではありません。

しかし、あえて言いたいのは

「コウノドリ」は男性こそ読むべし!

妊娠・出産における女性の不安などを理解できることもそうですし、少し育児経験がある男性に共感が得られるような内容も描かれています。

例えば、第10巻に出てくる切迫流産で入院した妻の代わりに、子ども2人の子育てと家事を一手に引き受けることとなった夫の話なんかは、男親が1人で家事育児を担う過酷さが、それはもうリアルに描かれています。

これから妊娠・出産を迎えられる方も、現在育児中の方も、是非ご夫婦で読んでください。

特に男性は読んでくださいね。

改めて知ること、共感することなど気づかされることが多いはずです。

>>ドラマ『コウノドリ』情報はこちらがおススメ!

 

漫画『コウノドリ』第1巻 ネタバレ

コウノドリ 漫画 ネタバレ

出典:https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%83%8E%E3%83%89%E3%83%AA-%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0-KC-%E9%88%B4%E3%83%8E%E6%9C%A8-%E3%83%A6%E3%82%A6/dp/4063872270

コウノドリ1巻に収録されている話のネタバレをまとめてみました!

コウノドリは単行本で収録話がシリーズごとにまとめられているため、本誌掲載時とは話数などが異なります。

1巻収録話

  • TRACK1 受け入れ拒否
  • TRACK2 切迫流産
  • TRACK3 淋病
  • BONUS TRACK オンコール

 

ピアニスト『ベイビー』は、わかっているのは児童養護施設で育ったことだけという、年齢経歴不明な謎のピアニスト。

その正体は、鴻鳥サクラという産科医。

その鴻鳥サクラの勤務する総合病院に、1人の妊婦が運び込まれます。

彼女は妊婦健診を受けていない妊婦でした。

そのような妊婦は野良妊婦と呼ばれ、胎児の状態や母体の感染症などの情報がないため受け入れリスクが大きく、病院に拒否されてたらい回しにされる事が多い危険な患者なのです。

案の定、他の産科医は、他の患者の赤ちゃんに影響が出ることを怖れ、拒否しようとしますが、サクラは赤ちゃんの事を考えて受け入れを決めます。

無事出産は終わりましたが、母親は浮かない顔をしています。

彼女は、相手の男と連絡もとれなくなり、両親に頼ることも出来なく、借金があり金銭的にも不自由している状態だったのです。

母親の矢野は、お金が払えないため赤ちゃんを置いて逃げようとしますが、サクラに見つかります。

保険料も払っていなかった矢野は、役所などの公的機関にも相談出来ず、出産時の公的補助の事も知らなかったのです。

無知を痛感しながら、こんこんとサクラに諭された矢野は、男に逃げられ、堕ろす金もなく生んで育てる自信もない自分の理由を怒鳴り返します。

サクラは、矢野の気持ちはわからないとしながら「産まれようとしている赤ちゃんがいれば、僕らは全力で助けます」と言います。

矢野は泣きながらも、赤ちゃんは育てられないと、子供は乳児院に預けられる事になりました。

サクラは赤ちゃんに自分の弾いたピアノを聞かせながら言います。

「きっとキミにはこれから人の何倍……何十倍も辛いことがあるかもしれない」

「……でも人一倍幸せになることはできる」

無垢に笑う赤ちゃんに、サクラは泣きそうな顔で「負けるなよ」とエールを送るのでした。

コウノドリ 漫画 ネタバレ
出典:UROKO

TRACK2「切迫流産」では、

結婚10年目でようやく授かった妊婦が、21週で破水し、

赤ちゃんの救命率が非常に低い状態になります。

胎内にまだ羊水が残っているため、入院して24週まで安静にし、赤ちゃんが助かる確率をあげるのですが、妊娠継続には様々なリスクが伴います。

そして24週で出産したとしても、赤ちゃんに脳性麻痺や呼吸不全など、

多くの合併症が起こる可能性が高いのです。

これを踏まえて、夫婦は赤ちゃんを助けるか助けないか、決断を迫られることになります。

二人が悩んで出した答えは、妊娠の延長の希望。

夫婦は赤ちゃんを助けると決めます。

しかし、妊娠延長に手を尽くしたものの、23週で陣痛が始まってしまいます。

帝王切開の必要がありますが、サクラは超早期で赤ちゃんを産むリスクと今後の妊娠の可能性を考えて、するべきではないと思います。

赤ちゃんの生存の可能性が低いことを夫婦に伝え、帝王切開は次の妊娠出産にリスクが高くなる事を説明しますが、妻は後悔したくないと、帝王切開を選択します。

産まれた赤ちゃんは、500gに満たない超未熟児でした。

しかし、生きて動く赤ちゃんを見て、赤ちゃんの生きる力を信じてあげてくださいとのサクラの言葉を思い出し、夫は涙を流します。

コウノドリ 漫画 ネタバレ出典:ameblo.jp

TRACK3「淋病」では、

イクメンの森谷さんは奥さんが妊娠中。

マタニティ雑誌に夫婦で載るほどのおしどり夫婦です。

ある日、森谷さんが、サクラのところに相談しに来ます。

自分は淋病になってしまったと。。。

妊娠中の妻も検査をしないといけないけど、次の検診の時に、こっそりできませんか?と聞きますがサクラは断ります。

「無理です。」

ちゃんと検査しないと、赤ちゃんが生まれてくる時に、産道で感染してしまい、結膜炎になり失明する場合もあると伝えます。

今、検査してすぐに治療すれば問題ないと。

家に帰り、さりげなく淋病検査を受けないかと妻に言ったところ、妻は全てを察します。

サクラから検査を受ける森谷さん妻。

外では土下座しながら旦那が謝っています。

妻は言います。

「子供のためにも離婚しないけど、旦那はもう給料運んでくる動物くらいにしか思えない。

後は相手の女からたっぷり慰謝料を取るだけですよ」と。。。

コウノドリ 漫画 ネタバレ
出典:blog.fc2.com

BONUS TRACK「オンコール」では

サクラのところに、ストリッパーの妊婦、前田さんが診察に来ます。

今のところ順調に来ている。

それなら、産科医なんかいらないじゃないのかとサクラに嫌味を言います。

サクラ『まぁ、もしもの時のためってやつで』

帝王切開の場合もあるんで、その時は、、、と説明すると、前田さんは「自分のお腹は切らせない」と怒り出します。

ストリッパーの仕事に差し支えがあるからなのです。

前田さん、看護師さんに分娩の時にベイビーのCDを流してと依頼します。

ある日、前田さんの陣痛が始まります。

逆子(ベッケンというらしい)。

帝王切開ということになり、下屋が同意書にサインをお願いするが前田さんは断ります。

この子の父親は逃げたし、一人で育てないといけないから、

腹は切らないでくれと。

サクラがやってきます。

サクラ「赤ちゃんが危険だとしても、下から産みますか?」

逆子の場合、へその緒が産道に挟まれ、酸欠、血流不足が生じ、赤ちゃんの命が危険になる。

サクラ

『前田さん、無事に赤ちゃんを産んであげなくちゃ』

『育てることもできないんですよ』

前田さんは、それを聞き同意書にサインをします。

サクラが帝王切開の準備をしていると、前田さんが破水し、臍帯が出てきてしまいます。

焦る前田さん。帝王切開を始めます。

前田さんは手術を受けながらサクラに、「先生なんか必要ない」と言ったことを申し訳ないと思う。

赤ちゃん無事に生まれます。

縫合中、ベイビーの曲が流れてることに気づく前田さん。

前田さんはこの人の曲で踊っているのです。

ベイビーと同じく、前田さんも施設で育ったらしい。

前田さんは帝王切開だったが、ストリッパーをやめず、この子を育てる事を決意します。

ベイビーがライブをしている最中、オンコールで呼び出され、開演わずか10分で椅子から立ち上がり、病院へ向かいます。

サクラ『産科医に休みはないから』という言葉を残して。


スポンサーリンク



漫画『コウノドリ』最新刊は何巻?

コウノドリの現在の発売日の流れを見ると、

  • コウノドリ14巻(2016年6月23日発売)
  • コウノドリ15巻(2016年9月23日発売)
  • コウノドリ16巻(2016年12月22日発売)
  • コウノドリ17巻(2017年3月23日発売)
  • コウノドリ18巻(2017年6月23日発売)

というように現在の最新刊は18巻であることがわかります。

では次回19巻の発売日は、
講談社の新刊発売予定表にコウノドリ19巻は2017年9月22日発売と掲載されているのでもう間も無くです

 

漫画『コウノドリ』最新刊 ネタバレ

コウノドリ 漫画 ネタバレ

出典:https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%83%8E%E3%83%89%E3%83%AA-18-%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0-KC-%E9%88%B4%E3%83%8E%E6%9C%A8/dp/4063887375

コウノドリ18巻に収録されている話のネタバレをまとめてみました!

18巻収録話

  • Track50 不育症
  • Track51 1ヶ月検診
  • Track52 稽留流産(けいりゅうりゅうざん)
  • Track53 視覚障がい

 

不育症

鴻鳥は篠原が2回流産したことを自分のせいだと思っている。
流産が年齢と共に上がっていくことを伝え、悪い偶然が重なっただけだと説明した。

篠原は自分が不育症ではないかと訴え、鴻鳥は不育症が医学用語ではないこと伝え、
「流産しやすい原因があるかもしれないから調べてみるのもいい手だ」とアドバイスするのだった。

あれからようやく3回目の妊娠が発覚し、篠原は心拍確認までの2週間をじっと待つことを覚悟する。

一方他の患者の後藤は不育症の原因が判明しほっとしていたが、鴻鳥は篠原のことを心配していた。

検診がようやく明日に迫り、旦那は妻以上にそわそわする。

妻は元気がない様子で、旦那はどう声をかけていいのかわからなかった。

エコーをするため、祈るような気持ちで内診台に上がる妻。

エコーには赤ちゃんの姿が写っていたが、心拍は動いていなかった。

帰り道に妻は旦那に子供を諦めようかと伝えるが、旦那は不育症の検査を勧める。

結局原因は判明しなかったが、鴻鳥は希望を伝えて励ます。

篠原の妻は数か月後に4回目の妊娠が発覚し、今度は心拍の確認が取れるのだった。

 

1か月検診

鴻鳥は2週間検診を受診しに来た寺島の様子が気になり、
担当助産師のサオリは寺島が完全母乳にこだわりすぎていることを話す。

寺島にはミルクをもう少し足すように助言したが、
赤ちゃんが飢えてしまうのではないかと心配していた。

実際に寺島はミルクを上げておらず、
サオリは新生児科医の工藤に赤ちゃんの栄養指導のことで責められる。

鴻鳥は寺島を診察し、母乳だけで育てようとしていることは間違っていないと説明するが、
一番大切なことは母親が育児を楽しむことだとアドバイスする。

サオリは無理にでもミルクを足すように言うべきだったと落ち込むが、
鴻鳥は「この後どうするかは寺島次第だ」と葛藤する助産師たちを見守るのだった。

 

稽留流産

ベイビーの演奏を聞きながら、早川は病院で5週と判断されたことを思い出す。

母子手帳を貰い、次の検診が終わったら旦那に報告しようと内緒にしていた。

しかし、早川は次の検診で流産の可能性を指摘され、思わず涙を流してしまう。

鴻鳥は少し時間を置きましょうと早川を思いやるのだった。

家に帰った早川は旦那に相談することが出来ず、1人で抱え込んでしまう。

3日後の受診で手術の選択を迫られた早川だが、鴻鳥の意見を参考にし1週間自然に待ってみることにした。

早川は旦那の両親と食事をすることになり、子供の話をされて落ち込んだしまう。

1週間たっても自然に出血しないため、早川は手術の予定を決めるのだった。

早川は家に帰り、旦那にそのことを打ち明けようとしたところで、急な腹痛に襲われる。

トイレから出てきた早川は、子供がダメだったことを旦那にようやく打ち明けるのだった。

旦那は母子手帳を見て思い出だけでも残ったことを喜ぶのだった。

鴻鳥に最後の受診に来た早川は、好きなベイビーの曲のことを話し、「忘れちゃいけない赤ちゃんだ」と伝えた。

 

聴覚障がい

鴻鳥は赤ちゃんの産声を聞き、産科で最も安心する音楽だと感じる。

産声は元気に生まれたよという赤ちゃんからのメッセージなのだが、
鴻鳥の担当する早見は聴覚に障害があるためそのメッセージを受け取れない。

スタッフに手話通訳ができる者がいなかったが、早見の意思を尊重して筆談で会話することになった。

鴻鳥はろう者の患者を診るのは初めてで、悪戦苦闘しながらも彼女のために出来ることを模索する。

早見はベイビーのファンで、音楽が好きなら産声を聞かせてあげたいと考え、
鴻鳥は聴覚障害用の育児グッズを準備してあげることに決めた。

早見はベイビーの演奏を聞き、よく動く子供に自分以上にファンになるのではと喜ぶ。

そんなある日、病院に陣痛を知らせる早見からのFAXが届くのだった。

子宮口は3センチほどで、陣痛が激しくなるにつれ、筆談でのコミュニケーションも難しくなっていく。

吸引分娩だったが何とか乗り切り、補聴器によって早見は子供の産声を聞くことができたのだった。

鴻鳥は加瀬に手話を習っており、早見に話しかけていた・・・

 

漫画『コウノドリ』の読者の声

コウノドリを読んだ読者の方々の声をご紹介します!

まとめ

漫画『コウノドリ』について詳しくネタバレをお届けしてきましたが、いかがでしたか?

漫画をドラマ『コウノドリ』ではリアルに再現しているので、漫画を読んだ事ある方も是非ドラマを観た方がいいですよ。

それでは、お楽しみください!

また、本ページの情報はH30年2月時点のものになりますので、ドラマ視聴をしたい方は最新の配信状況を動画配信サイトにてご確認して下さい!
スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コウノドリ 漫画 最新刊

『コウノドリ』漫画最新刊の発売日は?

コウノドリ 漫画 感想

『コウノドリ』漫画の感想について!