『コウノドリ』未熟児の赤ちゃんは本物なの?

コウノドリ 未熟児 赤ちゃん 本物
Pocket

2017年10月期から続編がスタートする人気医療ドラマ『コウノドリ』。

今回は、ドラマ『コウノドリ』に出演している未熟児の赤ちゃんは本物なのかについてご紹介していきます。

前作では毎週、妊娠・出産にまつわる様々な問題が展開され、観てるこちらは共感したり、考えさせたれたりしました。

前作のドラマでは、当然のことながら赤ちゃんがたくさん出演していました。

その中には未熟児の赤ちゃんまでいました。

撮影現場に未熟児の子を連れてきて撮影していたのでしょうか。

本物なのか?リアルな人形なのか?今回はその辺を迫ってみたいと思います。

最後までご覧下さい。


スポンサーリンク



多くの視聴者が感動したドラマ『コウノドリ』とは?

コウノドリ 未熟児 赤ちゃん 本物

出典:https://www.youtube.com/watch?v=di5CqxflvNA

TBSドラマ『コウノドリ』は2015年10月期に放送された人気の医療ドラマ。

原作のエピソードやオリジナルの題材を加え『生まれること、そして生きること』をテーマに、赤ちゃんとその家族の出産後の未来、携わる医療者たちの「未来」を見据えたエピソードが展開され、リアルな医療現場が描かれています。

出産は病気ではない。

だから通常の出産に保険はきかない。

産科医療は怪我や病気を治す訳ではない。

なので通常の出産に産科医は必要ない。

だが、何かが起こりうるから産科医は必要なのだ——。

年間約100万人の新しい命が誕生する現場の人間ドラマです。

好評につき、2017年10月に前作から2年後を舞台にした新シリーズが放送されます。

>>ドラマ『コウノドリ』情報はこちらがおススメ!

 

原作

コウノドリ 未熟児 赤ちゃん 本物

出典:amazon.com

原作は、鈴ノ木ユウさん原作の医療漫画「コウノドリ」。

作者自身のお子さんの出産や現場の産科医から教えてもらった経験から描かれています。

現在、講談社『モーニング』連載中。

 

原作者:鈴ノ木ユウ

  • 1973年、山梨県出身。
  • 2007年『東京フォークマン/都会の月』が第52回ちばてつや賞準入選。
  • 2010年『エビチャーハン』が第57回ちばてつや賞入選と同時に本誌初掲載。
  • 2011年『おれ達のメロディ』を短期集中連載。
  • 2012年『コウノドリ』を短期集中連載。
  • 2013年『コウノドリ』が週刊連載となる。

 

キャスト

コウノドリ 未熟児 赤ちゃん 本物
出典:twitter.com

  • 鴻鳥サクラ:綾野剛
  • 下屋加江:松岡茉優
  • 小松留美子:吉田羊
  • 四宮春樹:星野源
  • 白川領:坂口健太郎
  • 今橋貴之:大森南朋
  • 向井祥子:江口のりこ
  • 大澤政信:浅野和之
  • 新井 恵美:山口紗弥加

>>ドラマ『コウノドリ』キャスト・相関図を詳しく見る


スポンサーリンク



ドラマ『コウノドリ』感動する要因は?

原作のストーリーや俳優陣の演技が素晴らしいのはもちろんですが、このドラマが多くの方の感動を要因が2つあります。

それは「シリアスなテーマと展開」と「リアリティ」です。

 

シリアスなテーマと展開

コウノドリ 未熟児 赤ちゃん 本物
出典:orison

産科の検診を受けていない“未受診妊婦”問題や、命の危険が迫る妊婦を前に母体と胎児のどちらかを選ばなければならない状況など、妊娠や出産にまつわるリスクやアクシデントから医療現場の葛藤まで、産婦人科医療を取り巻く社会問題も絡めていました。

そして、丁寧な取材をもとにシリアスに描かれています。

 

出産シーンのリアリティ

コウノドリ 未熟児 赤ちゃん 本物
出典:TBS

これまでドラマでは出産シーンでも出演する赤ちゃんは生後2、3ヶ月のお子さんが多かったそうです。

しかし、本作品ではよりリアリティを求め、生後間もない新生児や未熟児の赤ちゃんが登場するのです。

これらの要素が「コウノドリ」を観た多くの視聴者を魅了し、共感と感動を生んだのだと思います。

 

ドラマ『コウノドリ』出演している赤ちゃんについて

コウノドリ」で赤ちゃんをとりあげたり抱き上げたりするシーンは感動的で赤ちゃんは可愛いなと思うシーンばかりです。

ただ、そこで疑問が湧いてきます。

いくらリアリティを追求するとは言っても、あの赤ちゃんは本物なのか?と、、、。

生まれて間もない、未熟児や新生児の赤ちゃんをドラマの撮影に参加させているのでしょうか?

赤ちゃんは抵抗力弱いですし、多くの人が行き交う撮影現場では危険なのではと余計な心配をしてしまいます。

 

ドラマ『コウノドリ』出演の未熟児の赤ちゃんは本物?

出演している赤ちゃんが本物かどうかを調べてみました。

答えはコウノドリの公式サイト内の「撮影日誌」に書かれていました。

コウノドリ」に出演している赤ちゃんは、人形でもCGでもなく本物の赤ちゃんでした。

現場では医療指導の先生が参加しているので、大丈夫なのかも知れませんが、かなり神経尖らせた配慮が必要になったことと思います。

お風呂に入って清潔な体を保って、必ずマスクをつける等が、撮影時の注意事項になっていたといいます。

赤ちゃんへの細心の注意を払いながら撮影に臨んでいたんですね。

しかも未熟児の赤ちゃんですからね。

実際に出演した赤ちゃんのお母さんにとってはハラハラドキドキすることだと思います。

しかし、赤ちゃんや親御さん協力のおかげで、「コウノドリ」という名作が作られていたんですね。


スポンサーリンク



本番直前までは赤ちゃん人形で練習?

コウノドリ 未熟児 赤ちゃん 本物
出典:twitter

本物の赤ちゃんが出演していることはわかりました。

でも、やはり負担を掛けないため、参加は本番のみしているそうです。

そこで出演者たちは本番直前まで、赤ちゃんの人形で演技の練習をするそうです。

主演の綾野剛さんも最初は手術シーンでお母さんの中から取り上げられる赤ちゃんをなかなかつかめずに苦労したそうです。

しかしテイクを重ね、医療指導の先生からのアドバイスもあり最後は驚く程スムーズに撮影を終えることができたそうです!

また撮影当初は、小さすぎる出演者に出演者だけではなくスタッフたちも戸惑い気味だったそうです。

大変ですよね。

演技しながら赤ちゃんへも気を配らなくてはならないとは。

ポスター撮影などで少し早く赤ちゃんと触れ合っていた綾野剛さんだけは、赤ちゃんと仲良くなる方法を身に着けいたらしいです。

>>綾野剛について詳しく知りたいならこちら!

 

ドラマ『コウノドリ』視聴者の感想は?

 

まとめ

コウノドリ」に出演していた未熟児の赤ちゃんが本物だったなんて正直驚きでしたね。

コウノドリ」の撮影では、俳優・スタッフ・赤ちゃんの親御さんをはじめ多くの方が参加されています。

その中で一番大変だったのは赤ちゃん本人ではないでしょうか。

本人の意思ではないでしょうし。。。

コウノドリ」の主役は赤ちゃんと言ってもいいと思います。

続編もまた多くの赤ちゃんが登場すると思いますが、細心の注意の中、撮影されていることを頭に置いて観るとまた違って見えるかもしれませんね。

また、本ページの情報はH30年2月時点のものになりますので、ドラマ視聴をしたい方は最新の配信状況を動画配信サイトにてご確認して下さい!
スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コウノドリ ドラマ 赤ちゃん 本物

『コウノドリ』ドラマの赤ちゃんは本物?